daemonfreaks.com

ゲイツ マジェスティと令和 ザ・ファーストジェネレーション

posted by jun-g at Thu, 28 May 2020 00:17 JST

観ました。

仮面ライダージオウ NEXTTIME ゲイツ マジェスティ

ゲイツマジェスティのカラーリングが完全にアイアンマン。

何となくノリで変身できてしまうソウゴとツクヨミが最高。あのテンションで終わった後の話なので、こういう軽いノリの方が楽しめる。何か続きそうな雰囲気で終わったので、続きがあると嬉しいかな。

令和 ザ・ファーストジェネレーション

一方こちらは比較的シリアスな内容で、ジオウの面々が出てきながらも新たな始まりのライダーであるゼロワンが物語の主軸。

ストーリーも中々良かったけど、001と1型のデザインが滅茶苦茶恰好良かったですね。

心が叫びたがってるんだ。

posted by jun-g at Tue, 26 May 2020 10:09 JST

アニメ映画 心が叫びたがってるんだ。 を観ました。

歳をとったからか、青春モノがだんだん心に響かなくなってきたな、という感想。でも面白かったです。うちの子供たちにも是非何かに一生懸命打ち込むような青春時代を送ってほしいなと思いました。

それにしても、自分の内面を表現した物語を皆に知られることに成瀬は恥ずかしくなかったのだろうか、と思いました。赤裸々すぎて自分なら耐えられない。成瀬は元々おしゃべりだし自分のことを知ってもらうことに抵抗がなく、むしろ知ってもらえて嬉しい、ということなんですかね。

あと、成瀬のような影キャが最後にあんな行動を取ったことに対してもっと責める奴とかいても不思議じゃないと思うけど、そのあたりのギスギスしたリアリティが無かったことがちょっと気になったものの、サッパリとしてて良かったかな。

次作(同じスタッフが作った作品)の 空の青さを知る人よ も楽しみですね。

栄光のマイヨジョーヌ

posted by jun-g at Sun, 24 May 2020 22:52 JST

Twitterのサイクルロードレースクラスタで話題になっていたドキュメンタリー、 栄光のマイヨジョーヌ がコロナ禍の影響で劇場公開が中断になり、デジタル先行配信されたので観ました。

普段は録画してない映画はスマホでGooglePlayストアからレンタルしてChromecast経由でTVに映してサクッと観るのですが、この作品はGooglePlayストアでは配信されておらず、唯一アカウントを持っていたDMM.comでレンタルしました。

内容としては2012年に発足したオーストラリアの自転車ロードレースチーム「オリカ・グリーンエッジ(現在のミッチェルトン・スコット)」に数年間密着したドキュメンタリー。

当時ちょうど熱心に自転車ロードレースをTV観戦していたので、色々と懐かしい映像が出てきて嬉しかったです。

自分の記憶としてはオーストラリアは若手の育成にかなり力を入れていて、実力のある若手選手がたくさんいて(ツアー・オブ・ジャパンにいつも来ていた)、それなりに自転車強豪国だったなという印象があったのですが、この映画を観ると、オリカが初めてのオーストラリア籍プロチームで、新しいチームらしく色々と苦労があったんだな、ということがわかりました。まぁ結局自転車ロードレースの本場はヨーロッパなので他の大陸の国々は大小あれど苦労するんだなという感じ。

というかゲランスがいい人すぎてビビりましたね。

時効警察はじめました

posted by jun-g at Mon, 18 May 2020 22:59 JST

去年録画したまま観てなかった「時効警察はじめました」をようやく全て観終わった。

旧作同様、いい感じにゆるくて楽しめた。僕もこんなゆるい日常に憧れる…。(時効とはいえ殺人事件が起きているのでゆるくないけど。)

今まで何とも思ってなかったけど、このドラマ観て吉岡里帆って小動物っぽくてかわいいなと思った。あと仮面ライダーネクロムこと磯村くんが出てて嬉しかった。

旧2作も観ていたはずだけど、本当にあれから12年も経ったのか、という感じ。遠くないうちに続編があると嬉しいけど、霧山がまたアメリカに行ってしまったので続編はまた12年後なのかな。

MCU マーベル・シネマティック・ユニバース その3

posted by jun-g at Sun, 10 May 2020 01:55 JST

遂にフェイズ3も全部観終わりました。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

最初から最後まで絶望的な展開。辛い。続きが気になりすぎた。

アントマンアンドワスプ

タイムライン的にはシビルウォーの後の話。平和な世界?の話で肩の力を抜いて楽しんでいたら…最後の最後で!

キャプテン・マーベル

さすがのフューリーも若い頃はあんな感じだったのかという驚きもありつつ、ヴァースとフューリーがペガサス施設へ向かう車で談笑しているシーンが何かめちゃ良かった。

このタイミングで過去の話、しかも新キャラ入れてくるのは何ぞやと思ったが、改造ポケベルが出てきた時に「あぁこれで繋がった」と鳥肌立った。

アベンジャーズ/エンドゲーム

21の作品を積み上げて作り上げてきた世界観とストーリーの集大成として申し分ない大作。興奮と感動。泣いた。

…というかヴァースが最強なのでは?

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

うまく感想が出てこない。嫌いじゃないけどエンドゲームの後にどういうテンションで観ればいいのか難しい。


次作のブラックウィドウ、早く観たいですね。

過去リンク:

Page 0 of 112  >>